すぺーすのいどの部屋

心のメモ

自分と他人の境目とは何か?
そんな問いはだれもが一度は考えたことがあるのではないだろうか?

そんな中、ちょっと難解だけど愛読している愚樵さんのブログのエントリ「「無垢なもの」は商品化される?」の中の人生アウトさんのコメント文が心に響いた。

僕の心には人生アウトさんの言葉が既に仮住まいしてしまった。
この言葉を大事に温めて育てて根を張らせしっかりと定住させていきたいと思う。

この下手な文章を読んだあなたの心に、一瞬だとは思うけど、確かに私の心が入ったはずだ。
そして私が勝手に紹介する人生アウトさんの言葉がもしあなたの心に長く留まってくれたなら、私はとても幸いだと思う。



抜粋参照します。


「人間と人間がくっついた」
私達はエスカレータに乗る時、後ろの気配に注視します。なぜなら、後ろに立つのが子供であった場合、ちょうどその子の顔の位置に自分の足があるのだから。
バイクに乗る時、前方の老婆を見た瞬間、自分の発する振動が彼女に与えるストレスを感じ取り、彼女の筋肉が覚える緊張を識り、やがては彼女を外出から遠ざけ、寝たきりへと向かわせることを自覚します。(しますよね?普通の人間なら誰でも)

頭でっかちな人は、しばしば自分の発言に責任を持ちます。あほくさ。
そうやって、自分と他人の言動を別個のものと考えている時点で、もう「身体を丁寧に扱えない人」なのです。
私達の一挙手一投足は、それが他に認識された瞬間、その人の中に入り込み、強い影響を与えているのです。言動は見られた瞬間、自他の境界をぶち破っているのです。エスカレータに乗る時、バイクに乗る時、私達の手足は他者の手足と一体化していなければならない。私の言葉は読まれた瞬間に、相手の人生を変えてしまっていなければならない。
責任をとる?冗談じゃない。「自分が」行動したり事故を起こしたりするから「自分が」謝罪を行うのだ、という発想自体がクラッシュの原因なのだ。最初から、自他の手足がくっついた一個の生命体として振る舞うことができなければ、それは「社会」人とは呼べない。
他人の体に、自分の体と同じような感受性を働かせるとは、そういうことではないでしょうか。
スポンサーサイト

なんのマネー?

年度末が近付いてきました。
学童保育の役員やるようになって数年、年度末が少し憂鬱です。(+_+)

まず、次年度の役員決め。
うちの学童はもめるようなことはないですが、やる人はだいたい決まってます。
うちは在籍中に必ず一回とか義務化はしていません。推奨はしていますけど・・・

それより憂鬱なのは来年度の予算組みですね。
指導員の生活と子どもの生活と保護者の生活を一緒に考えなくちゃならない。
指導員の生活向上と子どもたちの学童生活向上は比例する部分もありますが、保護者は負担が比例する部分が多いんですよねぇ。

そこに今年は名古屋市の学童助成予算の大幅削減が・・・(T_T)


お金って何なんですかねぇ。
私は子どもや仲間と一緒に月並みに幸せな生活をしたいだけなのにね・・・
それを紙や金属で出来た「お金」で左右されるなんて・・・

そんな気分の中で読んだ非国民通信さんのブログのエントリ「使っちゃう人に支給すればいいのです」の最後部分の2ch?からの引用が面白かったので、再引用しちゃいます。



333 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2010/01/16(土) 07:46:26
ときは8月、黒海沿岸の町。雨にぬれる小さな町は活気がなく、すっかり寂れていた。
人々は借金を抱えて苦しい生活をしているのだ。

その町へ、一人の旅人がやってきた。そして町に一つしかないホテルに入ると、受付のカウンターに100ユーロ紙幣を置き、部屋を選ぶために2階へ上がって行った。
ホテルの主人は100ユーロ紙幣をひっつかんで、借金返済のために肉屋へ走った。
肉屋は同じ紙幣を持って養豚業者へ走り、100ユーロの借金を返した。
養豚業者はその紙幣を握ると、つけにしてある餌代と燃料代を払うために販売業者に走った。

販売業者は100ユーロ紙幣を手にすると、この厳しいご時世にもかかわらず、つけでお相手をしてくれる町の遊女に返そうと彼女のもとに走った。遊女は100ユーロ紙幣を懐にしてホテルに走り、たびたびカモを連れこんだホテルに借りていた部屋代を返済した。

ホテルの主人は、その100ユーロを受け取ると、紙幣をカウンターの元の位置に置いた。
ちょうどそのとき、部屋をチェックして2階から降りてきた旅人が、どの部屋も気に入らないと云って100ユーロ紙幣をポケットにしまいこみ、町を出て行った。

誰も稼いでないけど、町中の誰もが借金を返し終わり、町は活気を取り戻した。

学齢期の子どもの放課後…

1263624073-100116_153516.JPG
題記の集会に来ています。
厚労省の専門官の他に、思ったよりたくさん市議の方とかが来てたので、主催者の「考える会」のみなさんが頑張ったんだろ~なぁ~、と思いました。
まぁ名古屋市職は誰も居ませんでしたが…(^^ゞ

実は私も「考える会」の会員なのですが、なんにもしていなくて恐縮です。(^^ゞ

内容は…「来ればよかったのに~…」と申しておきましょうか。(^-^)♪

迷惑な雪

今朝の名古屋は「雪」でした。

マイカー通勤の私が自宅を出た頃から降り始めた雪は、20分後には街を銀世界にしてしまいました。

予報ではあんなにたくさん降る感じではなかったよねぇ?

スタッドレス履いてないマイカーはいつもの裏道は怖いのでやむを得ず幹線道路を走行。

いつもなら30分かからないのに、1時間もかかりました。(ToT)

へんな時間に降るんじゃねぇよ!!(-"-;)

学童保育の餅つき会

1263047423-100109_143533.JPG
今日の午後は、うちの学童保育所の新年恒例の餅つき会でした。

日頃何かとお世話になっている地域の方々へのささやかな感謝の気持ちを込めて、また新入所予定の方に学童の楽しい雰囲気を実感して頂きたくて、毎年開催しています。

餅つきの後は学童内部の新年会。これも毎年恒例、こちらも楽しく盛り上がりましたよ。

さて、今年もいよいよ本格始動です。
でもまあ気張らずにやっていくことにしましょうか!
(^-^)♪

連休最終日

1262670436-100105_142600.JPG
年末年始の長い連休も今日でおしまい。
明日からは普段の生活に戻ります。
今年度は月1日の時短休みがあったり、新型インフルエンザ過剰反応で家族が罹っただけで休まされたりと、休みが多い年でした。
来年はどうなることやら。(^^ゞ
写真はエアポートウォークのウルトラマンです。
これからミッドランドシネマで下の子と「ワンピース」観てきます!

同窓会



中学校の同窓会が5ねんぶりにありました。
やはり昔の仲間に会うのは楽しいですね。
当時のようにバカになれます。(^-^)

お正月に見たDVD

大晦日に実家に帰省するはずだったのですが、先方の事情により中止。
結局ズット自宅に居ます。

年末にツタヤで借りたDVD「博士の愛した数式」を昨夜見て、結構気に入っちゃいました。

理系でない私は「友愛数」とか「完全数」とかの話に「へぇー、そんなのあるんだ。」と感心したり・・・

博士の子どもとの関わり方に「いいかんじ~」と共感したり・・・

母子家庭なら「学童保育に入れようぜ~」とか突っ込んだり・・・



上のリンクはアフェリエイトですが、利益は私が関わっている「学童保育所」の運営の足しになります。
よろしければご利用下さい。

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

すぺーすのいど です。

他にもブログを管理していますが、そっちではいろいろ好きなことは書きにくいので、ごく私的なページを立ち上げてみました。

まあ、気が向いたら更新していきたいと思っていますので、よろしくお願いします。

FC2Ad